五十肩で夜間痛がヒドい時の寝方

仰向け

こんにちは!新潟県三条市の五十肩チャンピオン、しみずめです。

今日来院された患者様で、「夜寝る時、どこ向いても痛いんです!仰向けでも横向きでも!」って方がいらっしゃいました。そんな時にどうしたらいいのか、挙げていきます。

電気毛布

患部を温かくして寝ると、それだけで夜間痛がおさまる人もいます。電気屋さん行けば¥2000位で買えるんで使ってみてください。おすすめ。

仰向け・横向き

仰向けで寝る人は、痛い方の肩の下にタオルを挟んで少し肩を浮かせてください。大胸筋や三角筋の硬さで痛みが出てる人は特に効果あり。

仰向け
水色で囲んでるところね

横向きで寝る人は、痛い方を上にして腕と腕の間に抱き枕を挟んで寝てみてください。

仰向けでも横向きでも、これでいくらかマシになるはず。つまりは寝た時に突っ張る筋肉がゆるむ様に寝てあげれば良いんですね。良い睡眠は良い治療に繋がっていきます。しっかり寝て、しっかり治していきましょう!

それでは!

三条しみずめ整体院のHP
↓三条しみずめ整体院のLINEオフィシャルアカウント登録はコチラから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です